About Us

当研究室では,持続可能社会達成を目的として,従来の常識を覆す革新的機械構造システムのデザインを実現するための研究を推進しています。構造システムの設計とは材料に形と構造を与える計画であり,生産はそれを具体的な物とする手段です。すなわち,設計と生産は材料の利用技術ということができます。先端材料を用いた設計・加工を効率的に行うためには高度なシミュレーション技術が不可欠であり,そのためには力学自体の革新も求められます。我々は,力学原理と情報科学を基礎としたデザイン手法の構築に取り組んでいます。

デザインの合理性を追求していくと,外形形状のみならず内部構造も有機的形態をとるようになり,全体としてより生物的になる可能性があります。そのような革新的デザインを実現するためには,対象の本質を深く探るような,それこそ対象を原子レベルまで解体するような多層的アプローチが必要と考えられます。その第一歩として我々は,工学的には従来個別に取り扱われることが多かった,材料(組織・特性・プロセス),微細構造(階層性・周期性・不均一性),巨視レベル(プロダクトデザイン・パフォーマンス・フォーミング)を統合化するデザイン方法論の構築に取り組んでいます。本研究室では上記のすべてを研究対象としており,それぞれに独自理論を投入してデザインを包括的に取り扱えるようにすることを目指しています。

Aiming at realizing a sustainable society, our laboratory has been conducting a study to achieve a design of innovative mechanical structure system. While design of machine is a plan to give shape and structure to materials, manufacturing is a measure to embody it. In other words, design and manufacturing is understood as a technology to utilize materials. To realize efficient design and processing of advanced materials, a cutting-edge simulation technology is essential, where innovation of mechanical science is required.

When pursuing the rationality of design, not only the external shape but also the internal substructure will take an organic form, possibly becoming more biological as a whole. For the realization of an innovative design, a multiple approach is required to deeply explore the essence of the target, which may seems to decompose the target into the atomic level. As a first step, we are working on constructing a design methodology that integrates materials (texture, characteristics, process), microstructure (hierarchy, periodicity, inhomogeneity), and macroscopic level (product design, performance, and forming). We study all of the above subjects, and aim to achieve a comprehensive design methodology based on original ideas.